ゼノア化粧品 もっと美肌になりたい!

ゼノア化粧料通販・花咲のブログ 美肌になるための情報や間違いだらけのスキンケアを解説
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Rie Watanabe

ゼノア化粧料通販・花咲へようこそ!社長の渡邉 里映です。

よろしくお願いいたします。
ゼノア化粧品は「石鹸派」の方にも安心してお使い頂いております。
皮膚美容科学に基づいた情報を発信いたしますので、いつまでも若々しく、健康な美肌を保ち続けて下さいね。
バックナンバー
プロフィール

乾燥肌は「びがんこ」で洗顔 その4

◆◆◆皮膚美容科学講座(25)◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


なお「ヒフは酸性に」というゼノアがむかし作った標語が誤解されて広まり、「石けんのアルカリがわるい」などという人がいますが、これは誤りです。


石鹸のアルカリは中年の厚化した角質をほんのすこしですが溶解します。
原始的なベルツ水(美顔用アルカリ化粧水)なのです。


このようにアルカリを利用する美顔法あるので、「ヒフは酸性に、時にはアルカリに」というのが正しいのです。


また、「ヒフは酸性に」はアミノ酸系合成洗剤を売るときのキャッチコピーとして悪用されています。


「毛穴が脂がつまると脱毛の原因になる」といって合成洗剤(シャンプー)を売るのと、どこか似ている商法なのです。


≪コメント≫
アミノ酸系合成洗剤は、肌に刺激が少ないのでデリケートな肌の方にも優しい洗剤に思えます。
しかし、1番の問題はその浸透性(浸透力がなかなか消えないでドンドン浸透する性質を持つこと)にあります。


また、以前にご説明しましたように
「毛穴が脂がつまると脱毛の原因になる」といって合成洗剤(シャンプー)を売るのと、どこか似ている商法なのです。


毎日シャンプーしない熊や山羊やリスなどの野生動物の毛が剥げていないことを思えば、毎日シャンプーして、根こそぎ皮脂を洗い流す必要性があるのかどうかは容易に想像できると思います。


次回に続く