ゼノア化粧品 もっと美肌になりたい!

ゼノア化粧料通販・花咲のブログ 美肌になるための情報や間違いだらけのスキンケアを解説
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
Rie Watanabe

ゼノア化粧料通販・花咲へようこそ!社長の渡邉 里映です。

よろしくお願いいたします。
ゼノア化粧品は「石鹸派」の方にも安心してお使い頂いております。
皮膚美容科学に基づいた情報を発信いたしますので、いつまでも若々しく、健康な美肌を保ち続けて下さいね。
バックナンバー
プロフィール

30 フリージアクリームは安全なUVカット化粧品 その2

◆◆◆皮膚美容科学講座(30)◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


皮脂は脂肪酸をふくんでいます。
つまりバニシングクリームをふくんでいるのに、
単に感触がわるいという理由で追い払うのは、
おかしい
のではないでしょうか。

これでは基礎化粧品は皮脂の代用品という、
本来の目的が成り立ちません。


こういった理由から、昭和30年代にゼノアは
バニシングクリーム「フリージアクリーム」
を作って、女性むけに復活させました。


ステアリン酸は、刺激の少ない脂肪酸で、化粧品には
よく使われてきました。バニシングクリームを
考案したのが西欧人だったからでしょうか、これは
牛脂や豚脂から取れる脂肪酸です。

もちろん、人の皮脂にもふくまれています。

もっぱら男性むけに製造されてきたバニシング
クリームも、1950年頃から、合成界面活性剤による
乳化が普及して、鹸化法と、合成界面活性剤法が
併用されているのが実情です。

≪コメント≫


皮膚表面に分泌された皮脂は、分解されて脂肪酸となります。
脂肪酸は、肌を弱酸性に保つ成分のひとつであり、
肌表面で天然のクリームとして働いています。

バニシングクリームは、この脂肪酸を材料として使った
クリームで、お肌の保護に役立ちます。


指にとったとき、お顔に塗ったとき、少しひんやりとした
感触の後、すっとお肌になじみます。
油っぽさは殆ど感じません。



次回に続く
- | 23:12 | - | -