ゼノア化粧品 もっと美肌になりたい!

ゼノア化粧料通販・花咲のブログ 美肌になるための情報や間違いだらけのスキンケアを解説
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Rie Watanabe

ゼノア化粧料通販・花咲へようこそ!社長の渡邉 里映です。

よろしくお願いいたします。
ゼノア化粧品は「石鹸派」の方にも安心してお使い頂いております。
皮膚美容科学に基づいた情報を発信いたしますので、いつまでも若々しく、健康な美肌を保ち続けて下さいね。
バックナンバー
プロフィール

皮膚の壁は脂紙 その2

◆◆◆皮膚美容科学講座(7)◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


脂が皮を守るのは常識です。
野球のグローブもラグビーのボールもワセリン(腐敗しないので)をすりこんで補強していることからも明らかですね。


次に女性と男性をくらべてみましょう。
女性は寿命が長いのに、男性に比べて、ヒフの衰えははやいのです。それは皮脂が男性より、ずっと少ないからです。


数百年前、進化の途上で人間は体毛を失いました。そのぶん、ヒフの表面を何かで補強しなければならなかったのです。
こういうヒフを守るには脂をすりこむしか方法がありません。故に、体毛を失った人間はほかの動物よりずっと多い皮脂腺を持つことになったのでしょう。


毛のあるところは皮脂があまりでませんが、毛のないところは暑いとき、やたらに皮脂が出るものです。猫や犬が人のように皮脂を出したのでは毛並みがよじれてペットにはなりません。


≪コメント≫
昔、銀行で待っている間に読んだ週刊誌に書かれていたのですが、足の永久脱毛をしたら、急に足が乾燥肌になったとか・・・・・
毛を生えないようにすると、その部分の皮脂腺まで同時に破壊することになるので当然乾燥肌になりますよね。
理論上は解っていたけれども、その週刊誌に書かれていた体験談を読んであらためて納得しました。



次回に続く