ゼノア化粧品 もっと美肌になりたい!

ゼノア化粧料通販・花咲のブログ 美肌になるための情報や間違いだらけのスキンケアを解説
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
Rie Watanabe

ゼノア化粧料通販・花咲へようこそ!社長の渡邉 里映です。

よろしくお願いいたします。
ゼノア化粧品は「石鹸派」の方にも安心してお使い頂いております。
皮膚美容科学に基づいた情報を発信いたしますので、いつまでも若々しく、健康な美肌を保ち続けて下さいね。
バックナンバー
プロフィール

脂をとれば気持ちはいいが その2

◆◆◆皮膚美容科学講座(10)◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


洗髪するのに石鹸を合成洗剤(シャンプー)にかえ、洗顔するのに石鹸や洗い粉を合成洗剤(クレンジング、洗顔フォーム)にかえて、脂を、より多く洗い流すようにして、気持ちよくなりました。

これが1950年代。

そのぶんヒフが弱くなりました。


また、ポマード(脂製)でなく、リキッドやムース(合成樹脂製)で整髪するようになり、基礎化粧をクリーム(脂製)から新型のクリーム(合成樹脂製)にかえて、気持ちよくしました。


化粧品がこのように変化してきたのは、そうしたほうが化粧品を売りやすいからです。


皮脂を取り、脂を使わなければ気持ちがいいです。気持ちがいいと女性はヒフにも良いのだと勘違いをしてしまいます。だから売れるのです。


脂とちがって合成樹脂なら酸化防止剤も必要ありません。香料も防腐剤もいいりません。人は無香料・無添加なら自然で安全だと勘違いします。これが自然化粧品のカラクリなのです。


≪コメント≫

無添加化粧品の実態はこちらからご覧下さいね!実際に無添加化粧品、美容液、乳液などを作る実験を写真で解説中です。

次回に続く